広告代理店のポスティング戦略

ポスティングを埼玉で行うには?
首都圏の巨大なベッドタウンでも独立経済圏としてのプライドがある

ポスティングが東京、大阪に次いで多い地域は埼玉です。これは、経済や消費や文化などの指標である民力と比例しています。
「民力」の30指標(全国=1000)で、東京126.4、大阪65.7、愛知59.3、神奈川54.8に次いで、埼玉が45.9と、5位にあります。埼玉県は700万人、280万世帯で、人口構成も若く、首都圏の巨大なベッドタウンです。

埼玉を経済圏のエリアで分けると、さいたま市及び北部に伸びるさいたま地域が226万人と最も大きく、東京都寄りに、東武東上沿線(朝霞市、和光市)、京浜東北沿線(川口市、蕨市、戸田市)、東武伊勢崎沿線(草加市、八潮市)、所沢地域(所沢市、入間市、狭山市)、川越地域(川越市、ふじみ野市、富士見市)が、それぞれ100万人以上の規模の経済圏に分かれ、千葉県寄りに、春日部・越谷地域があります。群馬県寄りに熊谷市、行田市、深谷市を含む広域の熊谷エリアがあります。
なかでも、埼玉県の市場の約半分は、さいたま都市圏で、民力総合指標(10万分比)の埼玉地域1433.2の半分に当たる724.9を占めています。また、人口も226万人に比べてその52%に当たる180万人を擁しています。

埼玉は、東京から20〜30キロ圏、東武東上線、東武伊勢崎線、京浜東北線が通勤通学の立地を得、東北新幹線、上信越新幹線も大宮を通り、首都圏との交通の便にも恵まれています。 埼玉県の蓮田市や久喜市もポスティングエリアとして注目されているように、埼玉は巨大なポスティングエリアといえます。
ただ、首都圏のベッドタウンだからとの概念だけでマークするのではなく、独立した経済圏としてのマーケティングも必要で、経済や文化など地域社会を振興する活動としてのポスティングが大切で、住民意識に密着した地元の企業や会社のポスティングには有利に働きます。
埼玉の人口の年齢構成は若く、また教育指数も高く、教育熱心な地域として知られています。日照時間が長く、自然公園にも恵まれているためか、サイクリングも盛んで、旅行・行楽に高いニーズがあります。広告代理店ギャロップは、埼玉地域の県民性や住民意識を大切にするポスティング戦略をご提案することで、広告効果を上げています。

ポスティング  01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 | 13 |