広告代理店ギャロップのロゴマーク

地方創生時代のロゴマークをご提案

ロゴマーク戦略コース

ギャロップが考えるロゴマークの役割とは、
地域・お店のビジョンを視覚で訴えることです。

ロゴマークは、地域・お店のビジョンを象徴し視覚的にイメージ化した、コマーシャル戦略にとって非常に重要なものです。特定の企業、お店が持つ価値、文化、歴史、コンセプトをロゴマークにより広く印象付けることで、お客様は他社との違いを認識し、サービス、商品の購入を安心して行えます。

昨今では、多メディアの中で、市場の情報が溢れ何をどのように選べば良いのか迷う状況にあります。
このような状況下で、他の地域との違いを瞬時にロゴマークで認識させなければなりません。
格安でロゴマークを制作するデザイン会社も多数ありますが、ロゴマークをコマーシャル戦略のトップバッターとして、明確な役割を持たせて総合的にロゴマーク計画を立案できるのはギャロップしかありません。
それでは、ロゴマークに具体的にどのようなメッセージを込めて、デザイン設計していくのか、ギャロップの例でご説明しましょう。

 

遊び心はビジネスの起爆剤!

ブランドを象徴する


「ギャロップ・ロゴマーク」の制作意図

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

注意点
※1センチ四方に入っても、認識しやすいシンプルな形であること。
※モノクロにも対応できるように、色使いがシンプルなもの。
※他でよく見かけるようなデザインではないこと。
※ロゴマークを通して、企業ビジョンが明快に語れること。

次へ >