優れたプランニング

視点を変えた発想とは?

情報が飽和する中で、消費者が求める商品・サービスは、自分の「心・感覚」を満たす消費へと変化しています。

しかし、今の流通には「心・感覚」へ訴求する感性が貧困化しているのではないでしょうか?
増加する情報を繊細に受け止め、地方の感性を満たす、豊かな創造力によるご当地戦略が必要です。

つまり、優れたプランニングを生むには、優れた感性を持たなければならないということです。
大規模の工場から生まれる画一化した商品ではなく、ネット、モバイル、マルチメディア戦略も含めた、幅広い可能性を持った豊かな感性によるまちおこしプランニングが必要となってくるのです。


貧困化した
感性による
商品アピール
意識改革 豊かな
感性による
商品アピール
  • 情報を活用できない
  • 市場の情報を理解
    できていない
  • 訴求を選択できていない
 
  • 活きた情報の活用
  • 多くの情報に意味づけ
  • 訴求の取捨選択

豊かな感性による新しい発想が必要!


新しい発想が遊び心ブランディング >