広告戦略

総合コマーシャル戦略コース

コマーシャル戦略は大きくわけて2つに分かれます。
コマーシャルに掲載する内容(メッセージ)と、内容を掲載する場(メディア)です。

メッセージは、ブランドを伝えるために洗練されたものであり、お客様にとって親しみやすく、楽しいものでなければなりません。
日常生活において、一般の生活者は多種多様なメッセージを至るところで受け取っています。そのメッセージの中で、生活者の目にとまり、ブランドを認知させメッセージを伝えるには、ターゲットとなる生活者の属性を分析し、メッセージを構築する必要があります。

メディアは、メッセージを運ぶ大切な役割を持っています。
マス(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌)の媒体から、野外看板、チラシ印刷、インターネットまでメディアの幅は広がり、ターゲットのライフスタイルに合わせたメディア戦略を行わなければ、メッセージはターゲットには届きません。ブランディングに合わせて、適切なメディア計画を構築しなければ、予算の無駄遣いに終わってしまいます。

ユビキタス時代、多メディアでは、ますますビジュアルが重要となります。
コンサルティング会社ではおよびもつかないクリエイティブを、デザイン業界で培われたデザイン力をもとに、広告代理店ギャロップでは、メッセージとメディアの相乗効果をご提案します。

つまり、優れたまちおこし戦略は総合的なコマーシャル戦略という計画の中で、効果が表れてきます。
総合的コマーシャル戦略を打ち立てることこそ、一番重要なのです。


次へ >